2014年11月13日

オール電化

築年数の古い家に引っ越した時は、コンセントの数や電気の容量に注意しましょう。築年数の古い物件の場合、建物ができた頃には、電子レンジもIHコンロも普及してなかったですし、オール電化の家などはほとんど無かったので、配線の容量が小さかったり、電力会社によっては、使える電気の上限があったりします。その場合、寒くなってきてエアコンと電気ストーブを同時に使うとブレーカーが落ちて家じゅう真っ暗になったりします。真冬になってから気づくこともあるので早めの確認が安心です。
posted by 赤帽いつも元気 at 23:33| Comment(0) | 日記